RSS | ATOM | SEARCH
建築の寸法
皆さんお久しぶりです。建築受注課のアモンに続き
体調不良になってしまった施工監理課のりゅうでございます。

最近暑い日が続きますのでクーラーを点けたまま寝てしまったのが原因だと思いますたらーっ
皆さんも暑いからといってクーラーを点けたまま眠らないようにして下さいね。
そうしないと私のように体調を崩してしまいますよ(笑)。


さて、今週は前回少し触れたとおり、建築によく使われる単位について
解説してみようと思いますイヒヒ
単純に建築に関係のある単位といいましても、メートル、インチなど
種類が多くありますので
今日は、『尺貫法(しゃっかんほう)』を紹介したいと思います。

尺貫法とは、長さを尺、質量を貫で表記する単位で
中国が起源とされ、広く東アジアで使用されています。
メートル法の普及により法律上は昭和41年(1966年)から
公式の基準で使用することは廃止されていますが
現在でも建築現場などでは使用されている寸法体系です。

もっと尺貫法について知りたいという方は、こちらをご覧下さい。


1尺30.3cmで表されますが、
皆さんは何が基準その数値が出ているかお分かりですか?
1尺の基準というのは成人男性の肘から手首までの長さなんだそうです。



実際、私も測ってみましたが約30.3僂任靴拭
まぁ、自分でもびっくりですよ猫2(笑)
皆さんも試しに測ってみてくださいグッド
その人の身長にもよりますから、必ずしもそういう
結果にはならないかもしれませんけどね。

さて、これまでは尺貫法について長々と語ってしまいましたが、
普通に生活をしている限り、あまりお目にかかることの無い単位ですよね。
ここからは、皆さんの生活の中でよく見かける
尺貫法で作られた物を紹介したいと思います。

家や、土地の面積でよく見られる坪という単位もこの数値が関係しています。
1坪というのは6尺×6尺1820mm×1820mmという寸法なんですが、
この6尺という長さは畳の縦方向と同じ長さなんです。
つまり1坪というのは、畳2帖分ということなんですね

畳のサイズは中京間で910mm×1820mmなのですが、
これを尺貫法に置き換えると3尺×6尺となります。
このほかにも畳には種類があるのですが、詳しくはこちらをご覧下さい。



この写真は、家の骨組みの写真なのですがその中の柱に注目してください
この柱の間隔が3尺なんですよ。
で、基本的にこの間隔で柱を立てて、その上に梁を架け、屋根を組んで
家を建てていくんですね。



尺貫法については私もまだまだ勉強不足で現場の職人さん達の
寸法の話についていけない事が多いです。
ですので、これからも精進して職人さんとの
会話についていけるようになりたいと思います。

では、ブログをご覧の皆様
本日は尺貫法について施工監理課のりゅうが担当させていただきました。
author:firstscene, category:木工事, 12:14
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:14
-, -, pookmark